電力自由化は比較して契約すれば費用を抑えることが可能

オール電化にするメリット

コンセントと電卓

経験者の話を聞いてみよう

最近は、オール電化にする住宅が増えてきました。IHクッキングヒーターは当たり前になってきましたし、小さいお子様がいるからとオール電化に変えるお宅も増えています。オール電化にするにあたって、一番気になるのは光熱費がどれくらいになるか、ということではないでしょうか。電気代は生活するうえでどうしても発生してしまうものですから、オール電化にする上での電気料金は、具体的な数字が見えないうちは不安なものです。オール電化にすることで全体の光熱費が安くなるのは、現在プロパンガスを使用されているお宅でしょう。都市ガスに比べてプロパンガスは価格が倍近く高くなります。これを、電気料金でカバーできますから、比較した際、だいたい同じくらいか、または安くなります。では、都市ガスを使用しているお宅では、オール電化にすることで電気料金が高くなってしまうのでしょうか。答えは、そういう月もあるかもしれない、です。どういうことかというと、夏場のエアコン使用時期であれば、電気料金は、オール電化前と比較すると高くなるでしょう、ということです。また、住んでいる地域にもよりますし、料理をどれくらいするか、家族構成は何人いるか、というところでも料金は変わります。一般的な比較料金だけではわからない部分も多いのです。そんな時は、ご近所でオール電化にしているお宅に聞いてみるととても参考になります。または、施工業者さんに地域の金額を聞いてみると良いでしょう。今現在と比較して、どれくらいお得になるか、という点だけでも、お話しを聞いてみる価値があります。