電力自由化は比較して契約すれば費用を抑えることが可能

電力会社を選ぶ時代

住宅

電力会社の選ぶポイントは

2016年から完全な電力自由化が行われ家庭用で使われる電気の電力会社も自由に選ぶことができるようになっています。しかし、電力自由化は選択肢は増えた一方で電力会社選びも複雑になっています。このため賢く電気を使うためにも電力会社を比較して選ぶ必要があります。そもそも電力自由化とは、これまで管轄地域にある電力会社が独占しているもので選択肢はありませんでしたが、業務用電力から徐々に電力自由化が行われるようになり、電力会社を選べるようになっています。一方で電力自由化で選べる電力会社としてはそれまで業務用電力を提供していたガス会社や石油会社などの電力会社のほか、新規参入として携帯電話会社や旅行会社、鉄道会社などが参入しています。基本的に送電はこれまでの電力会社の送電網を使うので新たに電線を敷くといったことは不要で切換も簡単に行うことができるのですが、電力会社によって料金も変わってきます。このため料金比較がもっとも多く行われていますが、それ以外にも電気の質も比較に加えられています。電気の質の比較としては、その電気が再生可能エネルギーで生み出されたものであるか、という点です。これまでの電力会社においては原子力、火力、水力といった方法で発電された電気が混在していますが、新しい電力会社においては再生可能エネルギーのみで発電しているところもあり、環境への配慮からそれらを選ぶ人も増えています。いずれにしても電力自由化によって料金や電気の質といったものを選択することが可能でニーズに応じて選ぶことが可能になっています。

オール電化にするメリット

コンセントと電卓

オール電化住宅が増えています。利便性の高さからオール電化住宅に引っ越そうかとと考えている人も多いことでしょう。しかし、その場合、気になるのが光熱費と言えます。施工業者に地域の相場などを確認し、きちんと比較をした上で導入するとよいでしょう。

電力会社も地域を超えて

電球と模型

電力自由化により暮らしは大きく激変をしています。電力会社だけではなく様々な企業が電力事業へと参入し最もお得な料金となる電力会社を選べるようになりました。オール電化に変更される方も以前より増えていますが、オール電化のメリットデメリットを考慮して各社を比較し、慎重に検討される事が大切です。

電気代を節約するなら

悩む女性

今話題なのが電力自由化です。住んでいる地域や家の形態に関係なく、ほとんどの人に関係のある仕組みです。新たな電力販売会社と契約をすることで、電気代の節約に繋がるケースがあります。比較サイトを利用することで簡単に比較することが出来るので、自分に合った会社を選んで欲しいと思います。